メニューを開く 検索 ログイン

スタチン療法でTAVR後の生存率が改善

【海外短報】

2017年06月17日 07:00

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 ストロングスタチンの投与が経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)後の生存率の改善と関係することを示すデータが、米・Cleveland Clinic FoundationなどのグループによりAm J Cardiol2017; 119: 1832-1838)に発表された。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  循環器 »  スタチン療法でTAVR後の生存率が改善

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD508982 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外