メニューを開く 検索を開く ログイン

プライマリケア医による夜尿症診療

生活指導、薬物/アラームで治療可能

 2017年06月19日 07:00
プッシュ通知を受取る

 夜尿症に悩む小児や養育者は決して少なくないが、これまでわが国では夜尿症治療に対するかかりつけ医の関わりは少なかった。そうした中、昨年(2016年)、日本夜尿症学会はプライマリケア医を対象とした「夜尿症診療ガイドライン(GL)」を改訂、夜尿症の診療アルゴリズムを発表した(図1)。同GL作成委員会委員長で順天堂大学練馬病院小児科先任准教授の大友義之氏は「プライマリケア医が夜尿症の治療を行っていないことが問題である。GLに従えば、専門医でなくても治療が可能だ」と述べている。同氏に夜尿症診療のポイントについて聞いた。

〈図1〉 夜尿症の診療アルゴリズム

1706044_ph2.jpg

(日本夜尿症学会編「夜尿症診療ガイドライン2016」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

iPhone版でも不具合。COCOAアプリは使っている?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  腎・泌尿器 »  プライマリケア医による夜尿症診療