メニューを開く 検索を開く ログイン

肥満に伴い2型糖尿病の若年発症率が増加

米・小児・青年コホートを追跡した長期縦断研究

 2017年06月21日 07:10
プッシュ通知を受取る

 小児肥満は世界規模で増加しつつある。米国における小児肥満の有病率は過去10年間安定しているが、高度肥満の有病率は上昇を続けており、とりわけ少数民族でその傾向が強い。米・NIH・National Institute of Diabetes and Digestive and Kidney Diseases(NIDDK)のMadhumita Sinha氏らは、2型糖尿病の発症リスクが高いアメリカインディアンの小児・青年を対象に、その発症リスクを長期縦断研究で調査し、第77回米国糖尿病学会(ADA2017、6月9〜13日、サンディエゴ)で結果を報告。肥満度の上昇に伴い2型糖尿病発症率が増加すること、より高度の肥満は発症の重大な危険因子であることを指摘した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  糖尿病・内分泌 »  肥満に伴い2型糖尿病の若年発症率が増加