メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  糖尿病・内分泌 »  1型糖尿病発症はワクチンで防げるか

1型糖尿病発症はワクチンで防げるか

GADワクチンの安全性を検討:DiAPREV-IT試験

 2017年06月21日 07:20
プッシュ通知を受取る

 グルタミン酸脱炭酸酵素(GAD)は1型糖尿病の自己抗原の1つであり、1型糖尿病の発症予防や治療を目的として、膵β細胞特異的な免疫寛容の誘導に応用できるかどうかが注目されてきた。水酸化アルミニウムをアジュバントとして配合したAlum-GADを新規発症1型糖尿病患者に投与した第Ⅱ相試験では、その安全性と膵β細胞保護効果が示唆された。その後、第Ⅲ相試験ではこの効果が認められなかったが、その一方で未発症の高リスク小児における発症予防に踏み込んだ試験(Diabetes Prevention - Immune Tolerance; DiAPREV-IT試験)も実施されていた。スウェーデン・Lund UniversityのHelena Elding Larsson氏が同試験の結果を第77回米国糖尿病学会(ADA 2017、6月9〜13日、サンディエゴ)で報告。発症の予防や遅延が認められるには至らなかったものの、主目的であるAlum-GADの安全性が確認されたことを明らかにした。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

抗認知症薬を処方する前に甲状腺機能検査を実施していますか?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  糖尿病・内分泌 »  1型糖尿病発症はワクチンで防げるか

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P08508977 有効期限:8月末まで