メニューを開く 検索を開く ログイン

SGLT2阻害薬+DPP-4阻害薬の併用を評価

カナグリフロジン+テネリグリプチンの3件の第Ⅲ相臨床試験

 2017年06月22日 07:05
プッシュ通知を受取る

 日本人の2型糖尿病患者において、SGLT2阻害薬カナグリフロジンとDPP-4阻害薬テネリグリプチンの併用療法が有効で、忍容性も良好であることを示す3件の国内第Ⅲ相臨床試験の結果が報告された。研究グループを代表して川崎医科大学総合医療センター特任部長の加来浩平氏が第77回米国糖尿病学会(ADA 2017、6月9〜13日、サンディエゴ)で発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

QRコード使っている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  糖尿病・内分泌 »  SGLT2阻害薬+DPP-4阻害薬の併用を評価

error in template: found but mtif was expected