メニューを開く 検索を開く ログイン

群大、事故後改革に「一定の成果」

 2017年06月23日 07:15
プッシュ通知を受取る

 群馬大学病院の第二外科において、2010年12月〜14年6月に行われた腹腔鏡下肝切除術(LLR)92例(保険適応外の高難度LLR 56例)のうち、術後4カ月以内に8例が死亡し、2014年11月には一般紙でも大きく報道された。群馬大学大学院病態腫瘍薬理学講座教授の西山正彦氏は、医療事故後に同大学で行っている取り組みについて第117回日本外科学会(4月27〜29日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  消化器 »  群大、事故後改革に「一定の成果」