メニューを開く 検索 ログイン

米・HAEの急性発作予防に皮下注薬を承認

2017年06月23日 17:10

 米食品医薬品局(FDA)は6月22日、遺伝子異常により補体第1成分阻害因子(C1インヒビター)の機能が低下し、全身に浮腫を生じる希少疾患である遺伝性血管性浮腫(Hereditary angioedema;HAE)に対する予防投与として、HAE治療皮下注製剤であるC1エステラーゼ阻害薬(商品名Haegarda)を承認したと発表した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  リウマチ・膠原病 »  米・HAEの急性発作予防に皮下注薬を承認

error in template: found but mtif was expected