メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

遺伝性PDへのアンチセンス核酸、治験目指す

 2017年06月27日 07:00
プッシュ通知を受取る

 大阪大学大学院神経内科学講座の中森雅之氏は、遺伝性パーキンソン病(PD)の1つである「PARK4」をターゲットにした核酸医薬の開発経緯を第17回日本抗加齢医学会(6月2~4日)で説明、同講座望月秀樹教授の下で医師主導治験を目指していることを明らかにした。同氏らが開発したのは新規修飾核酸を搭載したGapmer型といわれるアンチセンス核酸の候補物質で、高い結合性や安定性、低い毒性という利点を持つ。動物実験で運動症状の改善効果も確認しており、治験に備え遺伝性PDの患者登録も始めた。〔読み解くためのキーワード:PARK4

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  脳・神経 »  遺伝性PDへのアンチセンス核酸、治験目指す

error in template: found but mtif was expected