メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

酸分泌抑制薬が消化管感染症再発リスクに

【海外短報】

 2017年06月27日 10:13
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 酸分泌抑制療法はClostridium difficile感染症(CDI)歴がある患者のCDI再発リスクを高めると、米国のグループがJAMA Intern Med2017; 177: 784-791)に発表した。

 酸分泌抑制薬はCDIの発症リスクと関係するが、CDI再発との関係は明らかにされていない。同グループは、1995年1月1日~2015年9月30日の医学電子データベースを検索し、酸分泌抑制薬(プロトンポンプ阻害薬、H2受容体拮抗薬)の使用とCDI再発との関係を検討した研究のメタ解析を行った。

 解析対象は観察研究16件で、CDI既往患者計7,703例(酸分泌抑制薬使用群4,038例、非使用群3,665例)が含まれた。1,525例(19.8%)にCDIの再発が認められた。解析の結果、酸分泌抑制薬使用群のCDI再発率は22.1%で、非使用群の17.3%に比べ有意に高かった〔オッズ比(OR)1.52、95%CI 1.20~1.94、P<0.001〕。研究間で有意な不均一性があり、I2値は64%であった。

 年齢と潜在的な交絡因子を補正した研究を対象にしたサブグループ解析では、酸分泌抑制薬の使用によるCDI再発リスクの有意な上昇が確認された(OR 1.38、95%CI 1.08~1.76、P=0.02)。

(編集部)

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  感染症 »  酸分泌抑制薬が消化管感染症再発リスクに

error in template: found but mtif was expected