メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  腎・泌尿器 »  ウロモジュリン高値で尿路感染減少

ウロモジュリン高値で尿路感染減少

【海外短報】

 2017年06月27日 07:10
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 尿中ウロモジュリン高値が尿路感染症(UTI)のリスク低下と関係することを示すデータが、米国のグループによりAm J Kidney Dis2017; 69: 744-751)に発表された。

 基礎研究で、尿中に最も多く排泄される糖蛋白であるウロモジュリンにUTIに対する保護作用があることが示唆されている。同グループは、Cardio­vascular Health Studyの参加者953例(平均年齢78歳、女性61%、尿中ウロモジュリン中央値25.9μg/mL)を対象に、尿中ウロモジュリン値とUTIとの関係を検討した。

 中央値9.9年の追跡期間中に、UTIによる外来受診331件とUTI関連入院87件が確認された。年齢、人種、性、BMI、糖尿病、推算糸球体濾過量、尿中アルブミン/クレアチニン比を補正後、ウロモジュリン値の最高四分位群(38.93μg/mL超)は、最低四分位群(17.26μg/mL以下)に比べUTIによる外来受診とUTI関連入院が有意に少ないことが示された(複合発生率比0.47、95%CI 0.29~0.79)。

(編集部)

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「即位の礼」恩赦が約55万人。先生はどう思う?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  腎・泌尿器 »  ウロモジュリン高値で尿路感染減少

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P10509095 有効期限:10月末まで