メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  糖尿病・内分泌 »  SGLT2阻害薬で食欲・食行動に影響見られず

SGLT2阻害薬で食欲・食行動に影響見られず

エネルギー摂取量、食事の嗜好性に変化なし

 2017年06月27日 07:15
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

糖尿病2017

 動物実験においてSGLT2阻害薬の投与によりエネルギー摂取量が増加し、体重減少効果が得られないとする報告が散見されるため、同薬の投与が2型糖尿病患者の食欲や食行動にも影響を及ぼす可能性が指摘されている。かんの内科(東京都)院長の菅野一男氏は、SGLT2阻害薬を投与した2型糖尿病患者における食事の内容や嗜好性に関して検討した結果、同薬は患者のエネルギー摂取量や食事の嗜好性を変化させなかったと第60回日本糖尿病学会(5月18~20日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

長引く千葉県の停電、責任はどこに

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  糖尿病・内分泌 »  SGLT2阻害薬で食欲・食行動に影響見られず

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P09509132 有効期限:9月末まで