メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

膵がんバイオマーカー、実験的検診を開始

1万人の登録目指し、検出率を検証

 2017年06月27日 10:16
プッシュ通知を受取る

 国立がん研究センター研究所は、早期の膵臓がんや膵臓がんを引き起こす可能性が高い疾患を効率的に検出できる新バイオマーカーの実験的検診を7月に始めると発表した。このバイオマーカーはアポリポ蛋白(APO)A2アイソフォームで既に検査キットの開発も終えている。鹿児島県での地域健康診断で血液検査を行い、陽性者には造影CTによる精密検査を実施、検出率を検証する。5,000~1万人の登録を目指す。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  膵がんバイオマーカー、実験的検診を開始

error in template: found but mtif was expected