メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2017年 »  がん »  高濃度乳房で対側乳がん発症リスクが2倍に

高濃度乳房で対側乳がん発症リスクが2倍に

【海外短報】

 2017年06月28日 15:50
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 マンモグラフィ上の乳腺密度が高い高濃度乳房(デンスブレスト)の乳がん女性では対側乳がん発症リスクが非高濃度乳房乳がん女性の約2倍であると、米国のグループがCancer2017; 123: 1935-1940)に発表した。

続きを読む(読了時間:約 1 分) 

 同グループは、1997~2012年に米国対がん合同委員会(AJCC)の病期分類でステージⅠ~Ⅲの初発乳がんに対する治療を受けた女性を対象に、乳腺密度と対側乳がん発症との関係を検討した。

 解析には異時性対側乳がんを発症した229例(症例群)と、症例と乳がん発症年齢、診断年、ホルモン受容体の状態がマッチする対側乳がん非発症の451例(対照群)が含まれた。米国放射線学会(ACR)の乳がん分類により、初発乳がんの乳腺密度が脂肪性または乳腺散在の患者を非高濃度乳房、不均一高濃度または高濃度の患者を高濃度乳房と定義した。

 非高濃度乳房と高濃度乳房の割合は症例群が39.3%対60.7%、対照群が48.3%対51.7%だった。乳がんの予後に関係する潜在的危険因子を補正した結果、高濃度乳房の患者は非高濃度乳房の患者に比べ対側乳がんの発症リスクが約2倍と有意に高かった(オッズ比1.80、95%CI 1.22~2.64、P<0.01)。化学療法または内分泌療法を受けた患者では,対側乳がんの発症が少ない傾向が見られた。

(編集部)

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

制服(白衣、オペ着など)にこだわりはありますか?

ホーム »  ニュース »  2017年 »  がん »  高濃度乳房で対側乳がん発症リスクが2倍に

MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12509096 有効期限:12月末まで