メニューを開く 検索を開く ログイン

一般医が担うRA診療の範囲示す

専門医向けGLの項目を検証・分類

 2017年06月28日 07:15
プッシュ通知を受取る

 関節リウマチ(RA)の診療を専門としない一般医でも、RA患者への対応を求められる場面は少なくない。そこで、東京女子医科大学膠原病リウマチ痛風センター教授の山中寿氏らは、2014年に策定された「RA診療ガイドライン(GL)2014(専門医向けGL)」に記載された推奨項目などを基に、RA診療を専門としない一般医向けのRA診療GLの作成を検討。その一環として、RA診療の専門医、非専門医の役割分担を明確化する具体案を第61回日本リウマチ学会(4月20~22日)で示した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

社会で不織布マスクを推奨の動き

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  リウマチ・膠原病 »  一般医が担うRA診療の範囲示す