メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2017年 »  循環器 »  ストレスホルモンが冠動脈石灰化に関係か

ストレスホルモンが冠動脈石灰化に関係か

【海外短報】

 2017年06月29日 07:10

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 ストレスホルモンであるコルチゾル高値と"幸せホルモン"の別名があるドパミン低値は、いずれも冠動脈石灰化(CAC)と独立した関係を示すことが、米国のグループによりAm J Cardiol2017; 119: 1963-1971)に発表された。

続きを読む(読了時間:約 1 分) 

 心理社会的ストレスと冠動脈疾患(CAD)との関係が、特に女性で注目されている。同グループは、ストレスのシンプルなバイオマーカーである尿中カテコールアミンとコルチゾルはCADの指標であるCACと関係し、その関係は男性より女性で強いという仮説を立て検証した。

 対象はMulti-Ethnic Study of Atherosclerosis Stressの参加者654例(女性53%)。このうち56.4%でCACが検出された。多変量解析の結果、尿中コルチゾル高値は高度のCACと関係し、尿中ドパミン低値はCACと負の相関関係を示した。

 この関係は男性と女性の両方で見られ、性差は認められなかった。

(編集部)

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報

ランキング

  1. 1

    家庭血圧の日々変動が認知症発症リスクに

  2. 2

    切除不能大腸がんの一次治療に新たな選択肢

  3. 3

    重度精神疾患患者は平均余命が20年以上短い

  4. 4

    ASCO2017 がん免疫療法のトピックス

  5. 5

    厳格降圧で左室肥大の発症抑制、退縮促進

  6. 6

    糖尿病がCABG後のグラフト開存に影響か?

  7. 7

    毎月、ネットショッピングで利用する金額は?

  8. 8

    8学会で抗菌薬適正使用を支援

  9. 9

    脳梗塞と誤認されたフグ毒中毒の症例

  10. 10

    2050年に世界で1億1,500万人が失明

  11. アクセスランキング一覧 
  1. 1

    "HDL-C上昇薬"の悲劇と不可解

  2. 2

    漢方生薬、記載のない重大リスクも

  3. 3

    製薬業界の自主規制、「行き過ぎてないか」

  4. 4

    週3~4回の飲酒で糖尿病リスクが最低に

  5. 5

    生活指導で年相応の睡眠時間を

  6. 6

    大動脈ステントグラフトで死亡例も

  7. 7

    "糖尿病が世界を滅ぼす"が現実に!?

  8. 8

    2つのチェックリストをフレイル予防に活用

  9. 9

    3つのGLを統合した成人肺炎診療GLとは?

  10. 10

    統合失調症、陰性症状の治療と支援

  11. アクセスランキング一覧 

ホーム »  ニュース »  2017年 »  循環器 »  ストレスホルモンが冠動脈石灰化に関係か

無料会員登録で、記事が全文閲覧できます。

記事を読めば読むほどCapが貯まる貯めたCapで豪華商品プレゼントに応募!

アンケート調査にご協力いただくと謝礼をお支払い※謝礼が発生しないアンケートもございます

下記キャンペーンコードを登録時にご利用頂くと
1,000ポイントを進呈いたします。※医師会員のみ(既に登録済みの会員は対象外)

コード:P08509097有効期限:8月末まで