メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2017年 »  循環器 »  ストレスホルモンが冠動脈石灰化に関係か

ストレスホルモンが冠動脈石灰化に関係か

【海外短報】

 2017年06月29日 07:10

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 ストレスホルモンであるコルチゾル高値と"幸せホルモン"の別名があるドパミン低値は、いずれも冠動脈石灰化(CAC)と独立した関係を示すことが、米国のグループによりAm J Cardiol2017; 119: 1963-1971)に発表された。

続きを読む(読了時間:約 1 分) 

 心理社会的ストレスと冠動脈疾患(CAD)との関係が、特に女性で注目されている。同グループは、ストレスのシンプルなバイオマーカーである尿中カテコールアミンとコルチゾルはCADの指標であるCACと関係し、その関係は男性より女性で強いという仮説を立て検証した。

 対象はMulti-Ethnic Study of Atherosclerosis Stressの参加者654例(女性53%)。このうち56.4%でCACが検出された。多変量解析の結果、尿中コルチゾル高値は高度のCACと関係し、尿中ドパミン低値はCACと負の相関関係を示した。

 この関係は男性と女性の両方で見られ、性差は認められなかった。

(編集部)

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2017年 »  循環器 »  ストレスホルモンが冠動脈石灰化に関係か

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10509097 有効期限:10月末まで