メニューを開く 検索を開く ログイン

適切な減薬に7つのポイント

医薬連携で不適切な多剤併用を改善

 2017年06月29日 07:00
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 高齢患者に頻発する薬物有害事象にはポリファーマシー(多剤併用)が大きく関与しているため、この問題を解決するためには適切な減薬が求められるが、実際には容易ではない。東京大学病院老年病科の小島太郎氏は、同院において医師と薬剤師が連携し、入院患者の投与薬剤を評価することで、適切な減薬を図る7つの取り組みについて、第59回日本老年医学会(6月14~16日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  高齢者 »  適切な減薬に7つのポイント