メニューを開く 検索を開く ログイン

発達障害の個人差を一目で把握

「MSPA」が昨春に保険収載、診断とともに重症度判定もできる

 2017年06月30日 12:15
プッシュ通知を受取る

 昨年(2016年)4月、発達障害者の特性の個人差が視覚的に把握でき、診断とともに重症度の判定も可能なツール、「発達障害の特性別評価法〔Multi-dimensional Scale for PDD and ADHD:MSPA(エムスパ)〕」が保険収載された。MSPA開発の中心メンバーで京都大学大学院人間・環境学研究科認知行動科学講座准教授の船曳康子氏が、開発経緯と活用などについて、第59回日本小児神経学会(6月15~17日)で報告した。

…続きを読むには、ログインしてください

ワンクリックアンケート

分科会でロックダウンの法整備求める意見

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  小児 »  発達障害の個人差を一目で把握