メニューを開く 検索を開く ログイン

ニボルマブNSCLC一次治療で効果示せず

CheckMate-026試験

 2017年06月30日 16:35
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米・Ohio State University Comprehensive Cancer CenterのDavid P. Carbone氏らは、未治療でPD-L1発現率5%以上のステージⅣまたは再発性の非小細胞肺がん(NSCLC)に対するニボルマブの効果をプラチナ製剤ベースの化学療法と比較した第Ⅲ相試験CheckMate-026で、ニボルマブは化学療法と比べて生存期間の有意な延長を示さなかったことをN Engl J Med2017; 376: 2415-2426)で発表した。PD-L1発現率50%以上の未治療NSCLC患者を対象としてペムブロリズマブが化学療法に比べて無増悪生存期間を有意に延長したKEYNOTE-024試験(関連記事「抗PD-1抗体、肺がん一次治療で奏効」「【解説】がん免疫療法が肺がん一次治療へ」)とは対照的な結果となった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ご自身の診療領域のガイドラインが改訂

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  ニボルマブNSCLC一次治療で効果示せず

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P12509206 有効期限:12月末まで