メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  精神疾患 »  高尾山に息づく精神障害者療養の歴史

高尾山に息づく精神障害者療養の歴史

 2017年06月30日 07:10
プッシュ通知を受取る

 ミシュランガイドで最高ランクの3つ星観光地に選出され、多くのハイカーで賑わう高尾山(東京都八王子市)。しかし、近代医療が整備される以前、ここが精神障害者の療養の地であったことはあまり知られていない。山中の瀧の近くには精神障害者を収容する民間宿泊施設が存在し、療養の場となっていた。神奈川県立精神医療センターの伊津野拓司氏は、その1施設に伝来する明治から昭和初期にかけての宿帳の全データを分析し、第113回日本精神神経学会(6月22~24日)で発表した。当地には現在,精神科病院があり、前近代からの精神障害者療養の歴史を受け継いでいる。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京五輪・パラリンピックのマスコット名が 『ミライトワ』、『ソメイティ』に決定。このネーミングは?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  精神疾患 »  高尾山に息づく精神障害者療養の歴史

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P07509247 有効期限:7月末まで