メニューを開く 検索を開く ログイン

透析患者の食事は「制限」から「療法」へ

患者の高齢化に対応

 2017年07月03日 14:40
プッシュ通知を受取る

 日本透析医学会の栄養問題検討ワーキンググループ委員を務める東京医科大学腎臓内科主任教授の菅野義彦氏と同科講師の長井美穂氏は、第62回日本透析医学会(6月16~18日)のワークショップ「CKD患者のリハビリテーション」で、透析患者が高齢化する中、そのエネルギー、蛋白質の摂取は、サルコペニア・フレイル予防の観点から、これまでの「食事制限」から「食事療法」という治療概念で捉え直す必要があることを強調した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  腎・泌尿器 »  透析患者の食事は「制限」から「療法」へ