メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  腎・泌尿器 »  透析患者の食事は「制限」から「療法」へ

透析患者の食事は「制限」から「療法」へ

患者の高齢化に対応

 2017年07月03日 14:40
プッシュ通知を受取る

 日本透析医学会の栄養問題検討ワーキンググループ委員を務める東京医科大学腎臓内科主任教授の菅野義彦氏と同科講師の長井美穂氏は、第62回日本透析医学会(6月16~18日)のワークショップ「CKD患者のリハビリテーション」で、透析患者が高齢化する中、そのエネルギー、蛋白質の摂取は、サルコペニア・フレイル予防の観点から、これまでの「食事制限」から「食事療法」という治療概念で捉え直す必要があることを強調した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

今春導入された「妊婦加算」。背景に妊婦の診療を避けたがる医師心理?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  腎・泌尿器 »  透析患者の食事は「制限」から「療法」へ

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P09509086 有効期限:9月末まで