メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

基準値下回る大気汚染でも死亡リスク上昇

米メディケア受給者6,000万人を追跡

 2017年07月06日 06:15
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米国メディケア受給者約6,000万人を対象として大気汚染と死亡率について検討した結果、全死亡率は、PM2.5曝露量が10μg/m3増えるごとに7.3%上昇し、オゾン曝露量が10ppb増えるごとに1.1%上昇していることが分かった。さらに、米環境保護局(EPA)が設定した国家環境大気質基準(NAAQS)をクリアするレベルの大気汚染でも死亡率は上昇していた。米・Harvard T.H. Chan School of Public HealthのQian Di氏らがN Engl J Med2017; 376: 2513-2522)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

イベント人数制限が緩和。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  呼吸器 »  基準値下回る大気汚染でも死亡リスク上昇

error in template: found but mtif was expected