メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  消化器 »  除菌後の胃がんを見逃さない

除菌後の胃がんを見逃さない

学会主導の20年間前向き研究

 2017年07月06日 06:10
プッシュ通知を受取る

 日本ヘリコバクター学会は、2013年に日本でHelicobacter pyloriH. pylori)除菌療法が保険適用となったことによる有効性を検証し、除菌による胃がん発生率の変化を全国規模で明らかにする前向き調査研究を開始する。H. pylori感染期間が長期であった場合、除菌後に胃がんが見つかることがあるため、長期の観察が必要だ。同研究は除菌成功例を研究登録後20年間観察する。同学会は7月3日に同研究計画書を公式サイトで公表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「東名あおり運転」、判決。先生のあおり運転体験は?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  消化器 »  除菌後の胃がんを見逃さない

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12509307 有効期限:12月末まで