メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

除菌後の胃がんを見逃さない

学会主導の20年間前向き研究

 2017年07月06日 06:10
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 日本ヘリコバクター学会は、2013年に日本でHelicobacter pyloriH. pylori)除菌療法が保険適用となったことによる有効性を検証し、除菌による胃がん発生率の変化を全国規模で明らかにする前向き調査研究を開始する。H. pylori感染期間が長期であった場合、除菌後に胃がんが見つかることがあるため、長期の観察が必要だ。同研究は除菌成功例を研究登録後20年間観察する。同学会は7月3日に同研究計画書を公式サイトで公表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

コロナで需要拡大中。「ウーバーイーツ」使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  消化器 »  除菌後の胃がんを見逃さない

error in template: found but mtif was expected