メニューを開く 検索を開く ログイン

エボカルセトは用量依存的にiPTHを低下

新規Ca受容体作動薬

 2017年07月07日 06:10
プッシュ通知を受取る

 新規カルシウム(Ca)受容体作動薬のエボカルセト(KHK7580)は、血液透析(HD)施行中の二次性副甲状腺機能亢進症(SHPT)患者に対して、用量依存的にintact PTH(iPTH)濃度低下作用をもたらすことが分かった。昭和大学腎臓内科学客員教授の秋澤忠男氏らが第62回日本透析医学会(6月16〜18日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  腎・泌尿器 »  エボカルセトは用量依存的にiPTHを低下

error in template: found but mtif was expected