メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  腎・泌尿器 »  エボカルセトは用量依存的にiPTHを低下

エボカルセトは用量依存的にiPTHを低下

新規Ca受容体作動薬

 2017年07月07日 06:10
プッシュ通知を受取る

 新規カルシウム(Ca)受容体作動薬のエボカルセト(KHK7580)は、血液透析(HD)施行中の二次性副甲状腺機能亢進症(SHPT)患者に対して、用量依存的にintact PTH(iPTH)濃度低下作用をもたらすことが分かった。昭和大学腎臓内科学客員教授の秋澤忠男氏らが第62回日本透析医学会(6月16〜18日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

OncologyTribune告知
セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

梅雨の休日、家でどう過ごす?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  腎・泌尿器 »  エボカルセトは用量依存的にiPTHを低下

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P06509085 有効期限:6月末まで