メニューを開く 検索を開く ログイン

DOPPSから見た日本の腎性貧血管理のトレンド

 2017年07月08日 06:00
プッシュ通知を受取る

 2015年版日本透析医学会「慢性腎臓病患者における腎性貧血治療のガイドライン」(以下、GL)の発表は、わが国の腎性貧血管理に多大なインパクトを与えた。米・Arbor Research Collaborative for Health・University of MichiganのBruce M. Robinson氏は、DOPPSの最新の解析データを基に腎性貧血管理の世界的なトレンドから日本の位置付けを解説。日本では2015年以降、GLの改定を受けてヘモグロビン(Hb)値が上昇、鉄補充療法として静注鉄剤の使用減少、経口鉄剤の使用増加などの傾向が認められること、静注鉄剤の使用は3分の1などと欧米と様相が大きく異なることを、第62回日本透析医学会(6月16~18日)で指摘した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

社会で不織布マスクを推奨の動き

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  腎・泌尿器 »  DOPPSから見た日本の腎性貧血管理のトレンド