メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?

新規登録(無料)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2017年 »  腎・泌尿器 »  DOPPSから見た日本の腎性貧血管理のトレンド

DOPPSから見た日本の腎性貧血管理のトレンド

 2017年07月08日 06:00
プッシュ通知を受取る

 2015年版日本透析医学会「慢性腎臓病患者における腎性貧血治療のガイドライン」(以下、GL)の発表は、わが国の腎性貧血管理に多大なインパクトを与えた。米・Arbor Research Collaborative for Health・University of MichiganのBruce M. Robinson氏は、DOPPSの最新の解析データを基に腎性貧血管理の世界的なトレンドから日本の位置付けを解説。日本では2015年以降、GLの改定を受けてヘモグロビン(Hb)値が上昇、鉄補充療法として静注鉄剤の使用減少、経口鉄剤の使用増加などの傾向が認められること、静注鉄剤の使用は3分の1などと欧米と様相が大きく異なることを、第62回日本透析医学会(6月16~18日)で指摘した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

制服(白衣、オペ着など)にこだわりはありますか?

ホーム »  ニュース »  2017年 »  腎・泌尿器 »  DOPPSから見た日本の腎性貧血管理のトレンド

MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12509127 有効期限:12月末まで