メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

適量のアルコール摂取でも脳に悪影響

【海外短報】

 2017年07月09日 06:00
プッシュ通知を受取る

15名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 適度な飲酒であっても、海馬の萎縮など脳に有害な影響があることが分かった。英国のグループがBMJ2017; 357: j2353)に発表した。

 同グループは、適量のアルコール摂取が脳の構造や機能になんらかの影響を及ぼすかどうかを検討した。対象は英国のWhitehallⅡ研究(1985~2015年)の参加者のうち、2012~15年に脳MRI検査を受けた男女550例(登録時の平均年齢43.0歳)。30年間にわたって収集したデータから、1週間のアルコール摂取量(1単位はアルコール8g、アルコール度数5%のビール200mL相当)と認知機能との関係を解析した。

 主要評価項目は海馬萎縮、灰白質密度、白質微細構造などの脳の構造の変化と、研究期間中の認知機能低下およびMRI検査時の認知能力とした。

 検討の結果、追跡30年間のアルコール摂取は用量依存的に海馬萎縮のリスクと関係していた。アルコール非摂取群と比較した海馬萎縮のリスクは、週30単位以上の多量摂取群で最も高かった(オッズ比5.8、95%CI 1.8~18.6、P≦0.001)。また、週14~21単位の適量摂取群であっても右側海馬の萎縮リスクが3倍以上高く(同3.4、1.4~8.1、P=0.007)、週1~7単位未満の少量摂取群に関しては保護的効果は認められなかった。さらに、アルコールの多量摂取は脳梁の微細構造の変化や言語流暢性の急速な低下とも関係していた。

(編集部)

15名の先生が役に立ったと考えています。

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  脳・神経 »  適量のアルコール摂取でも脳に悪影響

error in template: found but mtif was expected