メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  糖尿病・内分泌 »  エキスパートが見たADA2017

エキスパートが見たADA2017

稲垣暢也氏に聞く

 2017年07月10日 06:05
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 米・サンディエゴにて

 6月9〜13日に米・サンディエゴで開催され、盛況裏に幕を閉じた第77回米国糖尿病学会(ADA 2017)。特に盛り上がりを見せたのが、大規模臨床試験の結果発表が行われた12日午後のシンポジウムである。Medical Tribuneでは、ADA 2017に出席した京都大学大学院糖尿病・内分泌・栄養内科学教授の稲垣暢也氏に、注目の大規模臨床試験の1つだったCANVAS Programについて、EMPA-REG OUTCOMEとの比較を交えて考察をお願いした。また、他の注目セッションの感想や、ADAの最近の潮流についてもコメントしてもらった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

PickUpコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生にとっての診療のストレス解消法は?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  糖尿病・内分泌 »  エキスパートが見たADA2017

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11509297 有効期限:11月末まで