メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2017年 »  がん »  母乳哺育歴で子宮体がんリスク低下

母乳哺育歴で子宮体がんリスク低下

【海外短報】

 2017年07月10日 06:15

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 母乳哺育歴がある女性は子宮体がんのリスクが低いと、国際共同研究グループがObstet Gynecol2017; 129: 1059-1067)に発表した。

続きを読む(読了時間:約 1 分) 

 同グループは、Epidemiology of Endometrial Can­cer Consortiumに登録された17研究のメタ解析を行い、母乳哺育歴と子宮体がんとの関係を検討した。

 解析には、出産経験がある子宮体がん女性8,981例と非子宮体がんの対照女性1万7,241例が含まれた。解析の結果、母乳哺育歴は子宮体がんリスクの11%低下と関係していた(17研究の統合オッズ比0.89、95%CI 0.81~0.98)。

 母乳哺育歴によるリスク低下に出産回数との関係は見られなかった。また、BMIや腫瘍の組織型による著しい相違もなかった。

(編集部)

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2017年 »  がん »  母乳哺育歴で子宮体がんリスク低下

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10509304 有効期限:10月末まで