メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  感染症 »  広域抗菌薬耐性淋菌が増加、新薬の開発急務

広域抗菌薬耐性淋菌が増加、新薬の開発急務

WHOが警告

 2017年07月11日 11:52
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 世界保健機関(WHO)は7月7日、一般的な性感染症の1つである淋菌感染症について、77カ国で抗菌薬耐性淋菌の存在が明らかとなり、治療が困難または不能になっていると警告した。WHO Reproductive HealthのTeodora Wi氏は「診断後に治療不能を報告する制度がない低所得国では、淋菌がさらに流行しているのが現状」として、新薬開発を急ぐ必要があると指摘している。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

患者の謝礼は受け取りますか

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  感染症 »  広域抗菌薬耐性淋菌が増加、新薬の開発急務

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P07509413 有効期限:7月末まで