メニューを開く 検索を開く ログイン

広域抗菌薬耐性淋菌が増加、新薬の開発急務

WHOが警告

 2017年07月11日 11:52
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 世界保健機関(WHO)は7月7日、一般的な性感染症の1つである淋菌感染症について、77カ国で抗菌薬耐性淋菌の存在が明らかとなり、治療が困難または不能になっていると警告した。WHO Reproductive HealthのTeodora Wi氏は「診断後に治療不能を報告する制度がない低所得国では、淋菌がさらに流行しているのが現状」として、新薬開発を急ぐ必要があると指摘している。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  感染症 »  広域抗菌薬耐性淋菌が増加、新薬の開発急務

error in template: found but mtif was expected