メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  循環器 »  日本のACS患者、世界と異なる傾向に

日本のACS患者、世界と異なる傾向に

ST上昇型心筋梗塞の減少は見られず

 2017年07月11日 18:29
プッシュ通知を受取る

 急性冠症候群(ACS)の中ではST上昇型心筋梗塞(STEMI)が減り、相対的に非ST上昇型心筋梗塞(NSTEMI)が増加しているというのが世界的な傾向であり、韓国からもこれを支持する報告が発表されている(Am J Cardiol 2014;114:1817-1822)。東邦大学医療センター大橋病院循環器内科教授の中村正人氏は、日本におけるACS患者の状況の推移を明らかにするため、2件の前向き登録研究のデータを比較し、第26回日本心血管インターベンション治療学会(CVIT2017 KYOTO、7月6~8日)で発表した。世界的な傾向と異なり、日本ではSTEMIは減っていないことが示された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

医療大麻、日本で認めてよい?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  循環器 »  日本のACS患者、世界と異なる傾向に

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P10509420 有効期限:10月末まで