メニューを開く 検索を開く ログイン

冠血流予備比に基づく「PCI見送り」は妥当

狭心症患者の1年後を評価

 2017年07月11日 18:30
プッシュ通知を受取る

 冠血流予備比(FFR)は冠動脈狭窄の機能的重症度を評価する尺度であり、経皮的冠動脈インターベンション(PCI)の適応を判断する基準の1つとされているが、実臨床においてFFRでPCIを見送った日本人患者の予後はまだ明らかではない。小倉記念病院循環器内科の蔵満昭一氏は、狭心症患者の前向き多施設登録研究であるJ-CONFIRM registryの1年中間解析の結果を第26回日本心血管インターベンション治療学会(CVIT2017 KYOTO、7月6~8日)で報告した。PCI見送り群の1年追跡時の標的血管不全(TVF)発生率は3.4%だったが、その大半は標的病変血行再建(TLR)であり、心臓死や標的血管関連の心筋梗塞の発生率は極めて低かったことから、FFRに基づくPCIの施行判断は妥当と考えられると述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  循環器 »  冠血流予備比に基づく「PCI見送り」は妥当