メニューを開く 検索を開く ログイン

再灌流傷害予防の新手技に手応え

乳酸加ポストコンディショニングで短期成績が良好

 2017年07月12日 17:27
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 経皮的冠動脈インターベンション(PCI)施行後に生じる再灌流傷害の予防を目的に、さいたま市立病院副院長の小山卓史氏が開発、2013年に発表したPCI手技「乳酸加ポストコンディショニング」。今年(2017年)3月までに74例に実施され、再灌流不整脈やPCI後90日以内の死亡、心不全の新規発症・増悪は皆無という優れた短期成績が得られていることが、第26回日本心血管インターベンション治療学会(CVIT2017 KYOTO、7月6~8日)で報告された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  循環器 »  再灌流傷害予防の新手技に手応え

error in template: found but mtif was expected