メニューを開く 検索を開く ログイン

遺伝子改変T細胞療法、米国で初承認へ

小児・若年成人の再発・難治性B細胞性急性リンパ芽球性白血病で

 2017年07月13日 18:25
プッシュ通知を受取る

 ノバルティス ファーマは本日(7月13日)、再発・難治性のB細胞性急性リンパ芽球性白血病(ALL)を有する小児および若年成人患者に対するキメラ抗原受容体遺伝子改変T細胞(Chimeric antigen receptor-T-cell; CAR-T)療法であるCTL019(tisagenlecleucel)について、米食品医薬品局(FDA)の抗がん薬諮問委員会(ODAC)が満場一致で承認を勧告することを決定したと発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  遺伝子改変T細胞療法、米国で初承認へ