メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2017年 »  がん »  遺伝子改変T細胞療法、米国で初承認へ

遺伝子改変T細胞療法、米国で初承認へ

小児・若年成人の再発・難治性B細胞性急性リンパ芽球性白血病で

 2017年07月13日 18:25
プッシュ通知を受取る

 ノバルティス ファーマは本日(7月13日)、再発・難治性のB細胞性急性リンパ芽球性白血病(ALL)を有する小児および若年成人患者に対するキメラ抗原受容体遺伝子改変T細胞(Chimeric antigen receptor-T-cell; CAR-T)療法であるCTL019(tisagenlecleucel)について、米食品医薬品局(FDA)の抗がん薬諮問委員会(ODAC)が満場一致で承認を勧告することを決定したと発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

いつも忙しい先生にとっての 「プチ贅沢」を教えてください。

ホーム »  ニュース »  2017年 »  がん »  遺伝子改変T細胞療法、米国で初承認へ

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブのご利用は無料です

医師会員限定!
下記登録リンクよりご登録いただくと
Amazonギフト券等に交換可能な
1,000ポイントをもれなく進呈!
※有効期限:11月末まで
※過去に利用された方は対象外