メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  遺伝子改変T細胞療法、米国で初承認へ

遺伝子改変T細胞療法、米国で初承認へ

小児・若年成人の再発・難治性B細胞性急性リンパ芽球性白血病で

2017年07月13日 18:25

2名の医師が参考になったと回答 

 ノバルティス ファーマは本日(7月13日)、再発・難治性のB細胞性急性リンパ芽球性白血病(ALL)を有する小児および若年成人患者に対するキメラ抗原受容体遺伝子改変T細胞(Chimeric antigen receptor-T-cell; CAR-T)療法であるCTL019(tisagenlecleucel)について、米食品医薬品局(FDA)の抗がん薬諮問委員会(ODAC)が満場一致で承認を勧告することを決定したと発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

次の東京都知事、誰に投票する?(全員が東京都民と仮定して)

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  遺伝子改変T細胞療法、米国で初承認へ