メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

免疫療法で目的以外のアレルゲン感作も抑制

症状改善以外にも多様な効果

 2017年07月14日 06:45
プッシュ通知を受取る

 従来の薬物療法とは大きく異なる意義を持つアレルゲン免疫療法は、この数年でアレルギー性喘息(ダニアレルギー性喘息に対する皮下免疫療法)や鼻炎(ダニアレルギー性鼻炎に対する皮下および舌下免疫療法、スギ花粉に対する舌下免疫療法)などに対する保険適用が認められ、その有用性がさまざまな角度から検証されている。埼玉医科大学呼吸器内科講師の中込一之氏は、アレルギー性気管支喘息に対するアレルゲン免疫療法を中心に、症状改善以外の有効性について解説し、同科の予備検討では、ターゲットとしていないアレルゲンの免疫反応も抑制する可能性があると第66回日本アレルギー学会(6月16~18日)で述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

コロナで需要拡大中。「ウーバーイーツ」使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  アレルギー »  免疫療法で目的以外のアレルゲン感作も抑制

error in template: found but mtif was expected