メニューを開く 検索を開く ログイン

日本人の「全身動脈硬化疾患」の実態

大動脈腸骨動脈病変+鼠径部以下病変例で有病率特に高い

 2017年07月14日 19:09
プッシュ通知を受取る

 末梢動脈疾患(PAD)に冠動脈疾患(CAD)や脳血管疾患(CVD)が合併していることが少なくないことはREACH registryで報告されている(JAMA 2006;295:180-189)。このような病態は全身動脈硬化疾患(polyvascular disease)と呼ばれるが、今回、新古賀病院(福岡県)循環器科医長の新谷嘉章氏らは、わが国のOMOTENASHIregistryのデータをサブ解析し、大動脈腸骨動脈(AI)病変を有するPAD患者における全身動脈硬化疾患の有病率を検討。AI病変と鼠径部以下病変(infrainguinal lesion)を併せ持つ患者では全身動脈硬化疾患の有病率が特に高いことを第26回日本心血管インターベンション治療学会(CVIT2017 KYOTO、7月6~8日)で明らかにした。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  循環器 »  日本人の「全身動脈硬化疾患」の実態