メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

急速皮下免疫療法前に運動誘発喘息の問診を

気管支喘息合併なしと診断された症例で呼吸器症状発症

 2017年07月18日 14:15
プッシュ通知を受取る

 ダニアレルゲン免疫療法に用いる標準化ダニ抗原は2015年から保険適用となり、従来の治療薬とは異なる有効性が期待されているが、治療に伴う副反応にも注意する必要がある。八尾市立病院(大阪府)小児科医長の濱田匡章氏は、同抗原を用いた急速皮下免疫療法(rSCIT)を実施した患者の全身性副反応を検討した結果、実施前に気管支喘息がないと診断した症例に、運動誘発喘息(EIA)が併存していることを報告し、その対処法を第66回日本アレルギー学会(6月16~18日)で提案した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  アレルギー »  急速皮下免疫療法前に運動誘発喘息の問診を

error in template: found but mtif was expected