メニューを開く 検索

小児の即席麺関連熱傷、わが国で発生率高い

発生時間帯や受傷部位に他の熱傷と異なる特徴

2017年07月18日 06:45

23名の医師が参考になったと回答 

 熱傷は日常生活において比較的高頻度に発生する皮膚疾患の1つであるが、その原因は多様である。飯塚病院(福岡県)皮膚科の村田真帆氏らは、わが国における即席麺に関連した小児熱傷についてその特徴を検討した結果、比較的発生率が高く、発生時間帯や受傷部位などに他の熱傷と異なる傾向があることを第116回日本皮膚科学会(6月2~4日)で報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  皮膚 »  小児の即席麺関連熱傷、わが国で発生率高い