メニューを開く 検索を開く ログイン

小児の即席麺関連熱傷、わが国で発生率高い

発生時間帯や受傷部位に他の熱傷と異なる特徴

 2017年07月18日 06:45
プッシュ通知を受取る

19名の先生が役に立ったと考えています。

 熱傷は日常生活において比較的高頻度に発生する皮膚疾患の1つであるが、その原因は多様である。飯塚病院(福岡県)皮膚科の村田真帆氏らは、わが国における即席麺に関連した小児熱傷についてその特徴を検討した結果、比較的発生率が高く、発生時間帯や受傷部位などに他の熱傷と異なる傾向があることを第116回日本皮膚科学会(6月2~4日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ワクチン普及までに採るべきコロナ対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  皮膚 »  小児の即席麺関連熱傷、わが国で発生率高い