メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  ペルツズマブ追加で早期乳がんの予後が改善

ペルツズマブ追加で早期乳がんの予後が改善

HER2陽性乳がんの術後アジュバント療法

 2017年07月19日 15:20
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 ドイツ・German Breast GroupのGunter von Minckwitz氏らは、リンパ節転移陽性あるいはリンパ節転移陰性だが高リスクの手術可能なHER2陽性乳がん患者に対し、標準的な術後アジュバント化学療法と1年間のトラスツズマブ投与に1年間のペルツズマブを追加することで転帰が改善するかどうかをプラセボ対照ランダム化比較試験(RCT)APHINITYにより検討した。その結果、ペルツズマブの追加によって浸潤性疾患のない生存(IDFS)率が有意に改善したと報告した(N Engl J Med 2017;377:122-131)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

PickUpコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生のスケジュールはなにで管理?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  ペルツズマブ追加で早期乳がんの予後が改善

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11509600 有効期限:11月末まで