メニューを開く 検索 ログイン

ペルツズマブ追加で早期乳がんの予後が改善

HER2陽性乳がんの術後アジュバント療法

 2017年07月19日 15:20
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 ドイツ・German Breast GroupのGunter von Minckwitz氏らは、リンパ節転移陽性あるいはリンパ節転移陰性だが高リスクの手術可能なHER2陽性乳がん患者に対し、標準的な術後アジュバント化学療法と1年間のトラスツズマブ投与に1年間のペルツズマブを追加することで転帰が改善...

…こちらからログインして続きを読む

新規会員登録はこちら

    

新規会員登録はこちら

ワンクリックアンケート

オミクロン株、日本にとって脅威か

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  ペルツズマブ追加で早期乳がんの予後が改善