メニューを開く 検索を開く ログイン

【重要なお知らせ】メンテナンス完了に伴い、セキュリティ向上のため、会員の皆さまには再度ログインをお願いしております。パスワード再発行はこちら

ペルツズマブ追加で早期乳がんの予後が改善

HER2陽性乳がんの術後アジュバント療法

 2017年07月19日 15:20
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 ドイツ・German Breast GroupのGunter von Minckwitz氏らは、リンパ節転移陽性あるいはリンパ節転移陰性だが高リスクの手術可能なHER2陽性乳がん患者に対し、標準的な術後アジュバント化学療法と1年間のトラスツズマブ投与に1年間のペルツズマブを追加することで転帰が改善するかどうかをプラセボ対照ランダム化比較試験(RCT)APHINITYにより検討した。その結果、ペルツズマブの追加によって浸潤性疾患のない生存(IDFS)率が有意に改善したと報告した(N Engl J Med 2017;377:122-131)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

年末年始の予定は決まった?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  ペルツズマブ追加で早期乳がんの予後が改善