メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  血液がん遺伝子変異で冠動脈疾患リスク倍増

血液がん遺伝子変異で冠動脈疾患リスク倍増

 2017年07月21日 06:05
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米・Brigham and Women's HospitalのSiddhartha Jaiswal氏らは、血液がんの1種である骨髄異形成症候群(MDS)に関連するクローン性の遺伝子変異を1つ持つクローン性造血(clonal hematopoiesis of indeterminate potential;CHIP)とアテローム性心血管疾患との関連を検討した結果、CHIP遺伝子変異のキャリアはノンキャリアと比べて冠動脈性心疾患(CHD)のリスクが2倍に上昇することが示されたとN Engl J Med2017; 377: 111-121)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ラグビーワールドカップ開幕

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  血液がん遺伝子変異で冠動脈疾患リスク倍増

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P09509619 有効期限:9月末まで