メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2017年 »  感染症 »  米小児のインフル関連死101例

米小児のインフル関連死101例

CDC・2016~17年シーズン

 2017年07月24日 09:59

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米疾病対策センター(CDC)は6月23日、2016~17年シーズンに報告された小児のインフルエンザ関連死亡101例について調査結果を発表した。死亡例が100例を超えたのは2014~15年シーズン以来。今シーズンは、小児および高齢者で重篤化しやすいインフルエンザA型(H3N2)ウイルスが優勢となっていた。

続きを読む(読了時間:約 1.5 分) 

ワクチン接種で小児死亡リスクが51~65%減少

 米国では2004年からインフルエンザによる小児死亡例の報告が義務化され、シーズンごとの症例数は37例(2011~12年)~171例(2012~13年)で推移している。今シーズンと同様、2012~13年および2014~15年シーズンは、インフルエンザA型(H3N2)ウイルスが優勢であった。

 最新のCDC研究〔Pediatrics 2017 ;139(5): e20164244〕によると、2010~14年の調査結果において、小児へのインフルエンザワクチン接種は、インフルエンザ関連死亡リスクを高リスク小児で51%(95%CI 31~67%)、健康な小児で65%(95%CI 47~78%)減少させた。ワクチンの予防効果発現まで2週間かかるため、この研究では発症前14日以内にワクチン接種を受けた小児を除外した。予防接種対象で発症14日以上前に予防接種を受けることが可能だった小児死亡例のうち、接種を受けていたのは4人に1人にすぎなかった。

 CDCは、生後6カ月以上の全ての人にインフルエンザワクチン接種を推奨、小児では特にインフルエンザ合併症が重症化しやすい5歳以下、喘息や肺疾患、心疾患、神経または神経発達障害などの慢性疾患を有する場合に推奨している。過去数シーズンでは生後6カ月~17歳のインフルエンザワクチン接種率は約60%としている。2016~17年シーズンでは、インフルエンザ様疾患は17週連続ベースライン以上で、2月に全米でピークに達した。過去15シーズンでは、インフルエンザシーズン期間は平均13週(1~20週)となっている。

坂田真子

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報

ランキング

  1. 1

    家庭血圧の日々変動が認知症発症リスクに

  2. 2

    切除不能大腸がんの一次治療に新たな選択肢

  3. 3

    重度精神疾患患者は平均余命が20年以上短い

  4. 4

    ASCO2017 がん免疫療法のトピックス

  5. 5

    厳格降圧で左室肥大の発症抑制、退縮促進

  6. 6

    糖尿病がCABG後のグラフト開存に影響か?

  7. 7

    毎月、ネットショッピングで利用する金額は?

  8. 8

    8学会で抗菌薬適正使用を支援

  9. 9

    脳梗塞と誤認されたフグ毒中毒の症例

  10. 10

    2050年に世界で1億1,500万人が失明

  11. アクセスランキング一覧 
  1. 1

    "HDL-C上昇薬"の悲劇と不可解

  2. 2

    漢方生薬、記載のない重大リスクも

  3. 3

    製薬業界の自主規制、「行き過ぎてないか」

  4. 4

    週3~4回の飲酒で糖尿病リスクが最低に

  5. 5

    生活指導で年相応の睡眠時間を

  6. 6

    大動脈ステントグラフトで死亡例も

  7. 7

    "糖尿病が世界を滅ぼす"が現実に!?

  8. 8

    2つのチェックリストをフレイル予防に活用

  9. 9

    3つのGLを統合した成人肺炎診療GLとは?

  10. 10

    統合失調症、陰性症状の治療と支援

  11. アクセスランキング一覧 

ホーム »  ニュース »  2017年 »  感染症 »  米小児のインフル関連死101例

無料会員登録で、記事が全文閲覧できます。

記事を読めば読むほどCapが貯まる貯めたCapで豪華商品プレゼントに応募!

アンケート調査にご協力いただくと謝礼をお支払い※謝礼が発生しないアンケートもございます

下記キャンペーンコードを登録時にご利用頂くと
1,000ポイントを進呈いたします。※医師会員のみ(既に登録済みの会員は対象外)

コード:P08509653有効期限:8月末まで