メニューを開く 検索を開く ログイン

薬物塗布バルーンは重症下肢虚血に有望か

血管内治療の現状と課題

 2017年07月24日 11:20
プッシュ通知を受取る

 東京労災病院循環器内科・難治性創傷治癒センターの宇都宮誠氏は、臨床試験の結果を概括しながら重症下肢虚血(CLI)患者に対する血管内治療の現状と課題について第26回日本心血管インターベンション治療学会(CVIT2017 KYOTO、7月6~8日)で解説。特に、欧米で期待されている薬剤塗布バルーン(DCB)の可能性を展望した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

iPhone版でも不具合。COCOAアプリは使っている?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  循環器 »  薬物塗布バルーンは重症下肢虚血に有望か