メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  循環器 »  薬物塗布バルーンは重症下肢虚血に有望か

薬物塗布バルーンは重症下肢虚血に有望か

血管内治療の現状と課題

 2017年07月24日 11:20
プッシュ通知を受取る

 東京労災病院循環器内科・難治性創傷治癒センターの宇都宮誠氏は、臨床試験の結果を概括しながら重症下肢虚血(CLI)患者に対する血管内治療の現状と課題について第26回日本心血管インターベンション治療学会(CVIT2017 KYOTO、7月6~8日)で解説。特に、欧米で期待されている薬剤塗布バルーン(DCB)の可能性を展望した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

PickUpコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生のスケジュールはなにで管理?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  循環器 »  薬物塗布バルーンは重症下肢虚血に有望か

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11509664 有効期限:11月末まで