メニューを開く 検索を開く ログイン

ケミカルコーピングとプラセボ

オピオイドの不適正使用を考える

 2017年07月26日 06:45
プッシュ通知を受取る

 最近、米国ではオピオイド鎮痛薬(以下、オピオイド)乱用の対策が強化されつつあるが、日本でもがんサバイバーの増加などにより、オピオイドの乱用や過剰投与の増加が問題となっている。こうした現状を踏まえて、第22回日本緩和医療学会(6月23~24日)では日本緩和医療薬学会との合同シンポジウム「どう対応すべき? ~ケミカルコーピングとその周辺~」において、医療用医薬品を処方目的以外に使うことを示す新しい概念である「ケミカルコーピング(chemical coping)」をテーマに議論が行われた(関連記事:「ご存知ですか?ケミカルコーピング」)。ここでは、日本緩和医療薬学会教員研修委員会委員長でシップヘルスケアファーマシー東日本・教育研修部長の川村和美氏のケミカルコーピングとプラセボの共通点および相違点を考察した報告を紹介する。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  麻酔科 »  ケミカルコーピングとプラセボ