メニューを開く 検索を開く ログイン

誤診されがちな高齢者てんかん

特殊性の十分な理解を

 2017年07月26日 13:25
プッシュ通知を受取る

 てんかんは激しい全身痙攣を伴う症状を呈すると思われがちだが、高齢者てんかんは痙攣がなく突然、意識障害が起こることが多いとされ、急速に高齢化が進むわが国において増加傾向にある。先般、東京都で開かれたてんかんプレスセミナー(主催:大塚製薬/ユーシービージャパン)で朝霞台中央総合病院(埼玉県)脳卒中・てんかんセンターセンター長の久保田有一氏は「高齢者てんかんは穏やかな発作が多いため診断が極めて難しく、認知症やうつ病と間違われることが多い。その特殊性を十分理解した上で診療に当たることが重要だ」と強調した。

…続きを読むには、ログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

五輪開催批判が一転。積極的報道に

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  脳・神経 »  誤診されがちな高齢者てんかん