メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  脳・神経 »  誤診されがちな高齢者てんかん

誤診されがちな高齢者てんかん

特殊性の十分な理解を

 2017年07月26日 13:25
プッシュ通知を受取る

 てんかんは激しい全身痙攣を伴う症状を呈すると思われがちだが、高齢者てんかんは痙攣がなく突然、意識障害が起こることが多いとされ、急速に高齢化が進むわが国において増加傾向にある。先般、東京都で開かれたてんかんプレスセミナー(主催:大塚製薬/ユーシービージャパン)で朝霞台中央総合病院(埼玉県)脳卒中・てんかんセンターセンター長の久保田有一氏は「高齢者てんかんは穏やかな発作が多いため診断が極めて難しく、認知症やうつ病と間違われることが多い。その特殊性を十分理解した上で診療に当たることが重要だ」と強調した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

PickUpコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生のスケジュールはなにで管理?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  脳・神経 »  誤診されがちな高齢者てんかん

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11509669 有効期限:11月末まで