メニューを開く 検索を開く ログイン

生活保護受給RA患者で就労再開への道険しく

大規模コホート研究から分析

 2017年07月27日 12:29
プッシュ通知を受取る

 近年、関節リウマチ(RA)の治療に生物学的製剤が使用されるようになったことで、RAの寛解は現実的な目標となったが、同時に医療費の高騰が起こり、RA患者および社会の経済的負担は増大した。東京女子医科大学膠原病リウマチ痛風センター膠原病リウマチ内科講師の田中榮一氏は、大規模コホート研究のデータを用いて生活保護を受給しているRA患者(受給RA患者)127例の背景や治療内容について分析した結果、受給RA患者は全RA患者に比べて重症で、症状が改善した後も就労再開によって受給が中止された例は見られなかったと第61回日本リウマチ学会(4月20~22日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

感染対策にも有効? キャッシュレス決済は何を使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  リウマチ・膠原病 »  生活保護受給RA患者で就労再開への道険しく