メニューを開く 検索を開く ログイン

米空港でハンズオンリーCPRの習得を

AHA、対話型学習マシンが旅行者に救命技能を5分で伝授

 2017年07月28日 07:00
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © American Heart Association

 航空便の利用が増える夏の旅行シーズン中、米国心臓協会(AHA)は、旅行者に救命法を学ぶ機会を提供するため、米国の厳選した国際空港にハンズオンリー(胸骨圧迫だけの)心肺蘇生法(CPR)トレーニング・キオスクをデビューさせている。飛行機を待つ時間に約5分でハンズオンリーCPRを学べる。7月24日からクリーブランド・ホプキンス国際空港、シンシナティ/ノーザン・ケンタッキー国際空港およびオーランド国際空港に設置され、Anthem財団Anthem 社慈善事業の助成による空港キオスクは全米で7カ所になった(関連記事「『胸骨圧迫のみ』で院外心停止患者の予後は改善するか」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

感染対策にも有効? キャッシュレス決済は何を使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  循環器 »  米空港でハンズオンリーCPRの習得を