メニューを開く 検索を開く ログイン

心不全のリハビリプログラムを新たに作成

急性期から回復期、維持期までフォロー

 2017年07月31日 06:15
プッシュ通知を受取る

 現在、わが国では日本循環器学会が作成した「心血管疾患におけるリハビリテーションに関するガイドライン」が存在するが、同ガイドライン(GL)は心臓リハビリテーション(以下、リハビリ)の具体的な手順などまで記載されているわけではない。そこで、藤田保健衛生大学坂文種報德會病院院長(循環器内科教授)の井澤英夫氏は、自身が策定部会の部会長を務め、新たに作成した「心不全の心臓リハビリテーション標準プログラム2017」の概要を第23回日本心臓リハビリテーション学会(7月15~16日)で説明した。同プログラムでは、心不全の①急性期②前期回復期③後期回復期④維持期-に分け、それぞれの時期で行うべきポイントが具体的に示されており、①は入院~病態安定、②は病態安定~退院、③は退院~外来リハビリによる病態安定、④はそれ以降の時期を想定している。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  循環器 »  心不全のリハビリプログラムを新たに作成