メニューを開く 検索 ログイン

統合失調症への多剤大量投与にブレーキ

精神科臨床薬学研究会調査

2017年08月01日 15:24

 向精神薬の多剤投与、大量投与が問題視されている。しかし、精神科臨床薬学研究会(代表幹事=東邦大学薬学部教授・吉尾隆氏)が所属施設の入院統合失調症患者を対象に行った調査によると、昨年(2016年)の抗精神病薬の投与量、投与薬剤数は過去10年で最低であり、単剤投与率は最高であった。第113回日本精神神経学会(6月22~24日)で平安病院(沖縄県)主任兼薬剤管理専任科長の高田憲一氏が報告した。同研究会所属施設においては多剤大量投与にブレーキがかかったといえる状況だが、同氏は精神科病院薬剤師の服薬指導の成果ではないかと考えている。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

ワンクリックアンケート

コロナワクチン、12歳未満も接種へ

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  精神疾患 »  統合失調症への多剤大量投与にブレーキ

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで