メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  東洋医学 »  漢方生薬、記載のない重大リスクも

漢方生薬、記載のない重大リスクも

発がん、流早産の危険性に予防措置を

 2017年08月02日 06:10
プッシュ通知を受取る

54名の先生が役に立ったと考えています。

 薬剤の染色体毒性により、知らないうちに流早産・不妊・先天奇形などのリスクにさらされているかもしれない。筑波大学名誉教授の内藤裕史氏は、第39回日本中毒学会(6月30日〜7月1日)の特別講演で「添付文書では注意喚起されていない漢方生薬の発がん性、流早産・不妊・先天奇形の可能性がある医療用漢方製剤が17種あり、これらの危険性について周知させ、直ちに予防的措置を取るべき」と述べた。(関連記事:【寄稿】漢方薬の生殖毒性、遺伝子毒性、発がん性

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

患者の謝礼は受け取りますか

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  東洋医学 »  漢方生薬、記載のない重大リスクも

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P07509767 有効期限:7月末まで