メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  呼吸器 »  立場を超えたSAS対策の指針示す

立場を超えたSAS対策の指針示す

事業者、産業医、主治医の連携を

 2017年08月03日 06:10
プッシュ通知を受取る

 睡眠呼吸障害(SDB)への適切な対応には、患者の勤め先である事業所と医療者の確固とした連携体制が必要である。RESM新横浜睡眠・呼吸メディカルケアクリニック院長の白濱龍太郎氏は、各事業所が実施している睡眠時無呼吸症候群(SAS)の対策および問題点について説明し、事業者、産業医、主治医が有機的に連携してSASの早期発見、診断、治療を行うための指針を、第90回日本産業衛生学会(5月11~13日)で提案した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生自身はサプリメントや栄養補助食品などを使用しますか?常用しているものがあったら、教えてください。

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  呼吸器 »  立場を超えたSAS対策の指針示す

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P07509746 有効期限:7月末まで