メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

立場を超えたSAS対策の指針示す

事業者、産業医、主治医の連携を

 2017年08月03日 06:10
プッシュ通知を受取る

 睡眠呼吸障害(SDB)への適切な対応には、患者の勤め先である事業所と医療者の確固とした連携体制が必要である。RESM新横浜睡眠・呼吸メディカルケアクリニック院長の白濱龍太郎氏は、各事業所が実施している睡眠時無呼吸症候群(SAS)の対策および問題点について説明し、事業者、産業医、主治医が有機的に連携してSASの早期発見、診断、治療を行うための指針を、第90回日本産業衛生学会(5月11~13日)で提案した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

コロナで需要拡大中。「ウーバーイーツ」使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  呼吸器 »  立場を超えたSAS対策の指針示す

error in template: found but mtif was expected