メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  呼吸器 »  立場を超えたSAS対策の指針示す

立場を超えたSAS対策の指針示す

事業者、産業医、主治医の連携を

2017年08月03日 06:10

 睡眠呼吸障害(SDB)への適切な対応には、患者の勤め先である事業所と医療者の確固とした連携体制が必要である。RESM新横浜睡眠・呼吸メディカルケアクリニック院長の白濱龍太郎氏は、各事業所が実施している睡眠時無呼吸症候群(SAS)の対策および問題点について説明し、事業者、産業医、主治医が有機的に連携してSASの早期発見、診断、治療を行うための指針を、第90回日本産業衛生学会(5月11~13日)で提案した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

プロスポーツチームの成績不振、一番責任が重いのは?

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  呼吸器 »  立場を超えたSAS対策の指針示す