メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  精神疾患 »  生活指導で年相応の睡眠時間を

生活指導で年相応の睡眠時間を

高齢者不眠の診療

 2017年08月04日 06:25
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 "夜よく眠れない"という不眠(睡眠困難)症状を訴える高齢者は多い。日本では成人の約5人に1人が不眠症状を有しており、約20人に1人が睡眠薬を服用しているが、高齢者ではその割合が高くなるという。日本大学精神医学系主任教授の内山真氏は「加齢に伴い、睡眠の量と質は変化するため、高齢者の不眠には特徴が認められる。医師は、その特徴をよく理解して対応する必要がある」と述べている。同氏に高齢者の不眠の特徴と対応について聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

OncologyTribune告知
セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

梅雨の休日、家でどう過ごす?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  精神疾患 »  生活指導で年相応の睡眠時間を

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P06509696 有効期限:6月末まで