メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  精神疾患 »  生活指導で年相応の睡眠時間を

生活指導で年相応の睡眠時間を

高齢者不眠の診療

2017年08月04日 06:25

41名の医師が参考になったと回答 

 "夜よく眠れない"という不眠(睡眠困難)症状を訴える高齢者は多い。日本では成人の約5人に1人が不眠症状を有しており、約20人に1人が睡眠薬を服用しているが、高齢者ではその割合が高くなるという。日本大学精神医学系主任教授の内山真氏は「加齢に伴い、睡眠の量と質は変化するため、高齢者の不眠には特徴が認められる。医師は、その特徴をよく理解して対応する必要がある」と述べている。同氏に高齢者の不眠の特徴と対応について聞いた。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

岩手の奇祭「蘇民祭」が1000年以上の歴史に幕。

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  精神疾患 »  生活指導で年相応の睡眠時間を