メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »   »  コンタクトレンズで夜間高眼圧を発見

コンタクトレンズで夜間高眼圧を発見

 2017年08月04日 06:15
プッシュ通知を受取る

 眼圧の正確な測定は、緑内障の診断・治療に欠かせない。しかし、現在の標準的な検査法では、夜間の眼圧や眼圧日内変動の計測は難しい。大阪大学眼科学講師の三木篤也氏は、眼圧を継続的に測定可能な眼圧センサーコンタクトレンズ(眼圧CLS)の臨床的有用性とその限界について、第60回日本コンタクトレンズ学会総会(フォーサム2017大阪、7月14~16日)で、自験例を交え解説した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

どこまで広がる?! 医学部入試の得点操作問題

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »   »  コンタクトレンズで夜間高眼圧を発見

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10509844 有効期限:10月末まで