メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

コンタクトレンズで夜間高眼圧を発見

 2017年08月04日 06:15
プッシュ通知を受取る

 眼圧の正確な測定は、緑内障の診断・治療に欠かせない。しかし、現在の標準的な検査法では、夜間の眼圧や眼圧日内変動の計測は難しい。大阪大学眼科学講師の三木篤也氏は、眼圧を継続的に測定可能な眼圧センサーコンタクトレンズ(眼圧CLS)の臨床的有用性とその限界について、第60回日本コンタクトレンズ学会総会(フォーサム2017大阪、7月14~16日)で、自験例を交え解説した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

イベント人数制限が緩和。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »   »  コンタクトレンズで夜間高眼圧を発見

error in template: found but mtif was expected